プリント基板の設計・製造・実装までワンストップ対応の『プリント基板HUB-NET』

[技術者のひとこと] レンズのあれこれ

2015-11-24(火) 技術者のひとこと

今回、レンズの画角について、お話してみようかと思います。

いくつか比較してみましたので紹介します。

  P1060502

左がピンホールレンズ、右が少し広角(対角100°程度)のレンズです。

どちらもM12規格の物なので、交換可能なものです。

Snapshot000000 - コピーSnapshot000001 - コピー

ピンホールレンズは、一般的に画角は狭くなります。

同じ距離で撮影しても、これだけの差になります。

次に最近需要が増えてきた超広角レンズです。

P1060503

左が100°、右が180°(対角)のレンズです。

(上の100°レンズとは違います。)

StillSnapshot000001 - コピーStillSnapshot000000 - コピー

被写体までの距離は約10cm。

画角で圧倒的な差がでます。

とは言え、広角レンズのデメリットとして、レンズが大きくなる事や

周辺が歪むという事も理解が必要です。

用途に合わせてレンズの画角を決めると言うのが、BESTな選択でしょう。

レンズのご相談も可能ですので、お気軽にご相談下さい。